ファーストサインとは



ファーストサインとは




まだお話しが出来ない赤ちゃんと手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションを取る方法のことです。

 

 

まだ話せない赤ちゃんとわかり合えるなんて感激ですよね!


赤ちゃんは全身を使ってお話をしてくれています。

お腹が空いたとき、嬉しいとき、体調が悪いとき、ママにギュッと抱っこしてもらいたいとき、

一生懸命泣いたり、手足をバタバタしたりして気持ちを伝えようとしています。



でもママにはなんで泣いているのかわからない時ありますよね。


オムツを替えても、ミルクを飲ませても、抱っこしても泣き止まない


「なぜ泣いているの?」

「どうすればいいの?」

ママも泣きたくなってしまいます。


赤ちゃんの気持ちを理解してあげられず、もどかしく感じることもあるでしょう。

時にはこのすれ違いが互いに”ストレス”と感じることもあります。





ですがファーストサイン育児を始めると


赤ちゃんはサインで要求を伝えてくれるようになるのです!!




小さなおててで一生懸命要求を伝えてくれる可愛らしい姿はママや家族も癒してくれます。

ファーストサインは、親子の絆を深める素敵なコミュニケーションのひとつです。


毎日少しずつ生活の中に取り入れることで、可愛い我が子とおててで会話が楽しめるようになります。

赤ちゃんとの生活にファーストサイン取り入れてみませんか?



ファーストサインの効果


赤ちゃんにとっては

要求が伝えられるようになるので泣く回数が減りストレスも軽減

人との関わりが好きになる

聞く力を伸ばすことができる

脳の発達を促す

話し言葉の発達を促進する

相手を思いやり人格を尊重できる人間に成長


ママにとっては

要求がわかり、それに答えてあげられるようになる

赤ちゃんの変化にいち早く気付くことができる

育児がより楽しくなる



など親子にとっていいことがいっぱい!

親子の絆を深める素敵なコミュニケーションです。

 

 

 

 

 

ファーストサインで育児ストレス解消

 


例えば・・・


赤ちゃん「エーン、エーーン 泣 」 


ママ   「なんで泣いてるの?どうして泣いているの?? 困 」

ママ   「眠いのかなぁ?ミルクかなぁ?それとも遊んでほしいのかなぁ?」





      こんな経験ありませんか?

 

 

 


そんな時、赤ちゃんが泣いている理由をサインを使って教えてくれたら、どうですか?



赤ちゃんが、「ミルク(おっぱい)」のサインを出してくれました。


ママ    「お腹が空いていたのね!それで泣いていたのね!」

 



     すぐにミルク(おっぱい)をあげることができ赤ちゃんは泣きやみました!

      そしてお腹いっぱいになり満足してスヤスヤ♪



赤ちゃんは 「ママにわかってもらえた」

   ママは 「分かってあげられた」




赤ちゃんの要求がわかって気持ちよく生活できますよね。

数多くの「楽しかったサイン、役に立ったサイン」エピソードを聞いております。

 

親子で実感してみませんか?